SIM FREE

格安SIMの比較&診断

  • Docomo
  • 6500/mo
  • (price)
  • 3500/2G
  • データSパック
  • 300
  • (接続料金)
  • 2700
  • (カケホーダイ)
  • 詳細
  • NifMo
  • 4000/mo
  • (price)
  • 1600/3G
  • 音声付きSIM
  • -
  • (接続料金)
  • 2400/60分
  • (20円/30秒)
  • 詳細
  • OCN
  • 4200/mo
  • (price)
  • 1800/3G
  • 音声付きSIM
  • -
  • (接続料金)
  • 2400/60分
  • (20円/30秒)
  • 詳細
  • DMM
  • 660/mo
  • (price)
  • 660/1G
  • データSIM
  • -
  • (接続料金)
  • -
  • LINE
  • 詳細

NifMoの特徴は

スマートフォンなどの携帯端末の販売が飽和状態にある中、一般の人たちはその通信料を含めた月額金額が高すぎると感じ始めています。また大手キャリアとの契約の際には、最低2年間使用し続けなければ違約金が課されるなど、ユーザーが気軽に機種を変更できないことも不満点として注目されています。 こうした中、大手通信社が提供する価格よりも大幅に料金が安い格安スマホが注目されています。格安スマホを選ぶ際に重要なことの一つに回線速度があります。通信回線をレンタルすることで通話料の安さを実現した格安スマホにとっては、この点が唯一の欠点と言っても過言ではありません。その点においてはNifmoが提供する通信速度は同業他社に比べ非常に速いと言えます。また無料で公衆無線LANを利用できるなど利点も多く、ビジネスや法人契約においては非常にお得感があります。 しかし注意点としては、3GBプランなど比較的安い料金プランにおいては非常にコストパフォーマンスが良いですが、5GB以上になると割高になるということです。また他社同様様々なキャンペーン価格を提供してはいるものの、基本的な機器代金が比較的高めに設定されているという点もデメリットと言えます。さらに、公衆無線LANの数も現時点では限られているという点もマイナス点です。 格安スマホを選ぶ際には、自分がスマホに何を求めるのかをしっかりと把握し、プラス面とマイナス面を比較しながら選択することが非常に重要です。

NifMo