導入する前に

SIMロック解除で貴方の通信費がここまで安くなる

  • Docomo
  • 7020/mo
  • (price)
  • 3780
  • データMパック
  • 324
  • (接続料金)
  • 2916
  • (カケホーダイ)
  • 詳細
  • Docomo
  • 7020/mo
  • (price)
  • 3780
  • データMパック
  • 324
  • (接続料金)
  • 2916
  • (カケホーダイ)
  • 詳細
  • Docomo
  • 7020/mo
  • (price)
  • 3780
  • データMパック
  • 324
  • (接続料金)
  • 2916
  • (カケホーダイ)
  • 詳細
  • Docomo
  • 7020/mo
  • (price)
  • 3780
  • データMパック
  • 324
  • (接続料金)
  • 2916
  • (カケホーダイ)
  • 詳細

導入する前に

導入する前に

データーの使用量を調べてみよう

【手順】
設定⇒データの使用
1GBは1024MBです。
結構使っているようですがこんな物です。
月3GBあれば余裕ですね。
皆さんもチェックしてみて下さい。

SIMのサイズをチェック

端末をすでにお持ちの方、端末とSIMカードを別々に購入する方は必須です。

SIMカードのサイズは3種類あります。
標準SIM
microSIM(miniUIM)
nanoSIM
です。
標準SIMは初期のスマートフォンやSIMフリー端末で利用されています。
microSIM(ドコモではminiUIM)は現在最も普及しているSIMになります。
最新のスマホでは、超小型のnanogSIMが使われています。
サイズが違うと挿入できませんので、SIMを購入する場合は必ず確認しておいて下さい。

SIMの種類をチェック

S格安スマホを選ぶ場合、どのようなサービスがあるか事前にチェックしておいた方が良いでしょう。
では、SIMカードにはどのような種類があるのでしょうか。
「データ通信」音声通話」「「SMS」の3種類になります。
自分がどのような使い方をするかを検討して、よりベストなサービスを探して下さい

SIMの回線について

MVNOの会社は大手キャリアからの回線を借りていますが、ほとんどのMVNOはドコモの回線を借りています。
auから借りているのはUQmobaileになります。

実は、ドコモ回線とau回線には互換性がありません。
即ち、ドコモ回線にauのSIMカードを挿入しても使えません。
逆も同じです。
要注意事項になります。。
SIMフリーの端末は、ドコモ回線では利用できますが、au回線は機種によります。
SIMフリーの端末を購入される方は要チェックです。

3大キャリアと格安スマホの違いは

1.キャリアメールが使えなくなります。
Gメールやyahooメールに乗り換えましょう。
2.格安スマホの通話料金は30秒20円の従量制
無料通話分はありません。LINEやIP電話は使えます。
3.キャリアのサポートやサービスはありません。
三代キャリアが提供するサービスやサポートは利用できなくなります。